新製品!WinZip®24

世界有数の圧縮ユーティリティで、素早く簡単にファイルを圧縮、保護、共有、管理。

  • 主要なファイル形式をすべて解凍
  • メールへの添付サイズを縮小するためファイルを 圧縮
  • 高度な暗号化でファイルを保護
  • パソコン、ネットワーク、クラウドのファイルにアクセスして管理
  • Dropbox、Google Drive、OneDrive などに接続
無料試用版
OS Win 10 / 8 / 7 / Vista

システム要件

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Internet Explorer 8 以上が必要です

  カートに追加 カートに追加 さらに詳しく
圧縮/解凍 WinZip Standard WinZip Pro Enterprise
新機能! Zipx ファイルをより迅速に、より小サイズで圧縮.      
機能強化! シンプルなリボンの切り替えを使って、作成するファイルの形式を Zip または Zipx に切り替え。      
機能強化! ファイルを保存するときは、ファイル形式を Zip か Zipx かを選択可能。      
WinZip のファイル ペインにドラッグ アンド ドロップし、「Zip へ追加」。      
ダイレクトアクセス技術を使って、よりすばやく表示および解凍。      
ワンクリックで、WinZip ファイル領域に表示されるフォルダに解凍。      
便利なプロンプトで、エクスプローラ、WinZip ファイル領域、WinZip リボン、ファイルメニューから選択したフォルダに簡単に Zip ファイルを解凍      
POSIX TAR ファイルを開いて解凍      
最大で 50% 早くなった起動時間      
複数の Zip ファイルを解凍し、それぞれのネイティブファイルと置換      
エクスプローラで分割 Zip ファイルを作成し、大きなファイルを簡単に共有することが可能      
DOCX、XLSX、PPTX、XPS、ODT、ODS、ODP、ODG、WMZ、WSZ、YFS、XPI、XAP、CRX、EPUB、C4Z を含む多数のファイル形式を Zip として開くことが可能      
スーパーピッカーを使用してローカルまたはクラウドでファイルを解凍      
インタラクティブな Welcome スクリーンにより、すぐに作業を開始できる      
MP3 ファイルを平均 15~20 % 圧縮      
64 ビットでクラス最高を誇るファイルの高速圧縮および解凍性能      
ZipxRAR7Z、LHA、BZ2IMGISO など、すべての主要な圧縮ファイル形式に対応      
CAB、Zip および Zip 2.0 方式に対応      
他の主要な圧縮ファイル形式を Zip 形式に変換      
ファイルの種類に応じて「最適な圧縮」方式を適用し、効率を自動的に最大化      
写真の画質やデータの整合性を損なうことなく、JPEG 画像ファイルを 20~25% 縮小      
BZip2、LZMA、PPMD、Enhanced Deflate のいずれかのメソッドで圧縮      
Zip 2.0 互換メソッドで圧縮      
Zip ファイルアイコンをダブルクリックするだけで、圧縮した Microsoft Office ファイルを「自動オープン」      
高度な「解凍とトライ」機能を採用した、Zip ファイル内での相互に関連するコンポーネントのレビュー (HTML ページとそのページに関連するグラフィックスなど)。      
暗号化/暗号化解除 WinZip Standard WinZip Pro Enterprise
WinZip のファイル ペインにドラッグ アンド ドロップし、「Zip へ追加」。      
ダイレクトアクセス技術を使って、よりすばやく表示および解凍。      
Zip 圧縮前にファイルを変換。      
さまざまなファイルから個人データ(EXIF)を簡単に削除できるので、あなたの情報を含まずに共有      
過去の従業員が残した暗号化ファイルや法廷監査中の暗号化ファイルをすぐに復元。      
ツール リボンをワンクリックするだけで、既存の Zip ファイルを暗号化      
暗号化ファイルを含む Zip ファイルを更新すると、更新ファイルが自動的に暗号化      
Zip ファイル内の暗号化ファイルを削除するにはパスワードが必要      
Zip ファイル作成前、作成中、作成後に、PDF 変換、ウォーターマーキング、写真のサイズ変更などの暗号化および変換オプションを適用      
zip 内の各ファイルに個別の変換オプションを適用      
Intel ベースのパソコンでのハードウェア サポートを有効活用し、AES 暗号化をさらに高速化      
[暗号化] を選択すると、高度な暗号化によりファイルをパスワードで完全保護      
強力な FIPS-197 認定の 強力な AES 暗号化 (128 ビットと 256 ビット) による極秘データの保護      
適切に設定されたコンピュータで保存および交換中の暗号化は FIPS 140-2 に準拠。FIPS 140-2 モードでない Windows OS でも FIPS 140-2 に準拠。      
米国国防総省準拠方式 (DoD 5220.22-M) で暗号化したファイルを一時的に抽出した場合、コピーを自動消去 (「シュレッダー細断」)      
複雑さの要件を定義してパスワードポリシーを設定      
機密ファイルや電子メール添付ファイルの暗号化と暗号化解除      
管理 WinZip Standard WinZip Pro Enterprise
新機能! 内蔵の検索機能を使ってファイルをすばやく検索.      
新機能! 重要なファイルをクイック アクセスにピン留めして、すばやくアクセス。      
新機能! WinZip ファイル ペインから離れずにシェル拡張機能を操作。      
新機能! 内蔵のクリーナー ツールを使って、フォルダをすっきり整理。      
新機能! エクスプローラ コンテキスト メニューから直接 WinZip ジョブを作成し、管理。      
機能強化! 定期的なクリーニングの際に、特定のファイルを「無視する」に設定。      
機能強化! クリーナー ツールをカスタム作成、設定、管理し、予定を設定して実行。      
機能強化! 管理コントロールを使って、背景ツールのユーザー権限を設定。      
ファイルおよびフォルダの有効期限を設定      
入力したパスワードを表示するオプション      
撮影日と更新日を表示      
複数のファイル名を同時に変更      
スライドしてファイルおよびアクション領域を隠す      
Zip ファイルおよびログファイルの有効期限日を設定      
プレビュー ペインを拡大      
Amazon S3/AWS リージョンに対応      
バックグラウンド ツールを使用してファイルとフォルダのクリーンアップのスケジュールを設定      
WinZip 内蔵のファイル管理機能でファイルを管理      
画像ファイルのサイズを瞬時に小さくして画像形式を変換      
WinZip Express を使用してファイルのクラウドリンクをクリップボードにコピーし、他のアプリにペーストして共有      
WinZip の連絡先リストを管理。一度限りの受信者や手動で入力した連絡先を追加しないことも可能      
無効化された機能のボタンが表示されず、よりわかりやすく。      
ファイルとアクション領域を表示しないクラシック インターフェイスで、圧縮機能がよりわかりやすく。      
新しい[移動]ボタンと[追加]ボタンで、エクスプローラから Zip ファイルにファイルを簡単に移動      
ファイル領域タブにより、Windows エクスプローラ ウィンドウを複数使うことなく、いくつものフォルダを同時に開き、閲覧し、管理することが可能      
ファイル ペインのフォルダーツリーオプションで、さまざまなフォルダ内を移動      
スワイプでファイルペインを拡大したり元に戻したりできます      
他のドメインからのネットワークの場所を追加      
プレビュー ウィンドウのイメージ情報ボタンをクリックして、画像サイズやファイルサイズ、ピクセルなどの画像の詳細情報を確認      
[よく使用するファイル] フォルダ内にある、ローカルコンピュータ、ネットワーク、クラウドファイルにすばやくアクセス      
WinZip からパソコンやネットワーク、クラウドサービスに新規フォルダを作成      
新しい [ワイプ] 機能でファイルやフォルダを安全に削除      
誤って削除、コピー、移動、または名前変更をしてしまったファイルを回復      
適切なアプリケーション、または代替アプリケーションでクラウド内のファイルを開く      
デフォルトのアプリケーション、または代替アプリケーションでファイルを開き、編集      
ファイルやフォルダのプロパティ情報を表示      
フォルダまたはネットワークの場所をドライブにマッピング      
ファイルのコピー、移動、削除、そして複数ファイルの名前変更      
パスをクリップボードにコピー      
クラウドリンクをクリップボードにコピー      
圧縮フォルダやパソコン、ネットワーク、またはクラウドサービス(サムネイルに対応している場合)などにあるファイルを選択し、サムネイルをプレビュー表示      
画像や文書の内容をプレビュー、画像の回転やサイズ変更、画像をコンピュータの背景として保存、またメールや IM、ソーシャル メディアなどでプレビューファイルを共有      
タッチスクリーン対応で、プレビューアに表示されるファイルを指先ひとつでスクロール      
新しい [ファイル管理] ボタンで、よく使用するファイルの管理ツールにすばやくアクセス      
マウスやキーボードを使用する場合は新しい「テーブル」表示を、タッチスクリーンには「アイコン」表示を選択      
お気に入りのフォルダをファイル領域のトップレベルまたはスーパーピッカーに貼り付けてすばやくアクセス      
WinZip Express をファイル領域で開いて、すばやく Zip 圧縮および共有      
新しい [プロパティ] 機能でファイルの詳細を表示      
パソコンに接続されたカメラやスマートフォンにフォルダを通じてアクセス      
よく使うフォルダのリストからフォルダを簡単に削除      
WinZip をデスクトップで使用する場合はスクロールバーを常に表示するよう選択      
背景機能によりフォルダやごみ箱内にある不要なファイルが検出され、それらを安全に削除、Zip 圧縮、またはクラウドに移動することで空き容量を確保      
WinZip Express ツールが Office 2016 に対応      
[ファイルの場所] リストを通じて、パソコン、ネットワーク、Windows ホームグループ、そして対応するクラウドサービス内のすべてのファイルにアクセス      
WinZip Express for Explorer、Office、Photos は内蔵、WinZip Express for Outlook は無償でダウンロード可      
自動非表示機能により、必要時以外はスクロールバーが表示されないため、デバイスの表示スペースを最大限に利用      
[移動] オプションで、システム内のコピーを開いたままファイルを Zip ファイルに追加      
新しい [サムネイル] で Zip 内のファイルを簡単に参照、検索      
新しく設計された調整可能な設定で WinZip をさらに簡単にカスタマイズ      
[ファイル] ウィンドウで、すべてのローカルファイル、ネットワークファイル、クラウドファイルをより簡単に参照      
選択内容に応じてさまざまな機能を表示できる動的スライドイン [操作] ウィンドウで、タスクに適したツールを表示      
ファイル管理機能にすばやくアクセスできるよう、インターフェイスを [管理] モードに変更し、ファイルの種類、サイズ、日付などの詳細を簡単に確認      
あらゆるタッチ対応デバイスまたはパソコン上で WinZip の使用が可能      
新しい 2-in-1 パソコンでも WinZip をご利用いただけます。タブレット/ラップトップ モードを切り替えるとディスプレイが自動的に調整      
Zip ファイル内から直接フルサイズの画像を回転、サイズ変更、表示      
[解凍して試行] 機能で Zip ファイルを一時的に抽出し、不要なファイルを削除      
選択したフォルダまたは現在のフォルダへ抽出      
採入フィルターや除外フィルターを使用した、希望するファイルのみの圧縮      
WinZip のエクスプローラ ビューで画像サムネイルを表示して、簡単に閲覧      
従業員がアクセス可能なクラウド ストレージ、ソーシャル メディア、ファイル共有サービスを管理。AES 暗号化とパスワードプロトコルを強制実行。変換機能のオン/オフを自由に切り替え。      
インストールおよび環境設定ガイドを使用して、WinZip Enterprise を設定して組織のファイル共有ニーズやポリシーをサポート。      
Zip ファイルを開くのと同じように仮想イメージファイルを開く。コンテンツを表示し、ファイルを他の場所に抽出。NTFS 圧縮ファイルを含む VHD ファイルおよび VMWare ファイルに対応。      
IT 管理者はファイルの定義に基づき、情報及びファイルの動きを制御するプロトコルを設定可能。      
パッケージ & 共有 WinZip Standard WinZip Pro Enterprise
新機能! 複数の PDF ファイルを 1 PDF ファイルに統合させて、保存、Zip 圧縮、共有。      
機能強化! 改善したダイレクト アクセスにより、クラウド ベースの Zip ファイルにすばやくアクセス。      
機能強化! クラウド サービス対応が拡張し、OpenStack および SwiftStack の領域やクレデンシャル ファイルのサポート、そして Alibaba、Wasabi、HP、Oracle、Azure、WebDAV、CenturyLink、IONOS、OVH のクラウド プロバイダのサポートも追加されました。      
WinZip Express で自動化。      
Windows のチャームを利用して共有。      
共有した URL を短縮。      
My Cloud 上のファイルへのリンクを入手。      
Slack IM での共有ワークフローをスリム化。      
WinZip または ZipShare のどちらとファイルを共有しているか簡単に把握が可能      
WinZip または ZipShare で共有されるファイルの管理。共有ファイルを開き閲覧し、再度共有したり、削除できます      
クラウドおよび IM サービスでそれぞれ最大 16 個のアカウントを追加してアクセス      
すべての連絡先を対応するソースから WinZip のアドレス帳に統合し、直接メールを送受信      
選択したファイルを個別 Zip ファイルに移動して共有を効率化      
送信ファイルの指定機能を使用して個別ファイルまたは Zip ファイル全体を共有      
保存せずに変換ファイルを共有(WinZip により作成される一時ファイルは共有後に自動的に消去)      
YouTube、Facebook、Twitter、LinkedIn で共有      
WinZip で画像や文書を直接スキャンして共有      
フラットベッド スキャナに対応で、原稿送り装置を使わずに複数画像から 1 つの PDF ファイルを作成      
[撮影して共有] 機能を使って、カメラから直接写真を共有      
WinZip のメール機能が、Gmail および Outlook(Hotmail)用の IMAP に対応      
WinZip のメール機能は Gmail の 2 段階認証プロセスにも対応      
メールや IM、ソーシャルメディア、クリップボードから送られるクラウドからのリンクをクリックするだけで共有      
連結アドレス帳で受信者を名前やメールアドレスで指定      
Office 365 グループ、Twitter、Google トーク/Google+ ハングアウト、Yahoo! Messenger および Jabber などのインスタントメッセージ サービスを使って zip ファイルを共有      
パソコン、クラウドサービス、または Zip ファイルからファイルを選択し、共有するメディアをメール、ソーシャルメディア、IM から指定すれば、あとは WinZip の SmartShare におまかせ      
自動リンクをクリップボードから簡単に選んで Skype などのサービスで簡単に共有      
解凍前のイメージをファイルビューアからソーシャルメディア サイトへ直接共有      
Box、Google Drive、OneDrive、Dropbox、CloudMe、SugarSync、MediaFire などのクラウドサービスに直接アクセスして、クラウドに保存された Zip ファイルを開いたり、アップロードする前にファイルを圧縮したり、圧縮して共有するファイルをクラウドから選択したりすることが可能      
スムーズなクラウドナビゲーションにより、簡単操作でクラウドのファイルにアクセスして管理。新オプションにより、ファイルやフォルダのダウンロード、共有、移動、名前の変更、解凍、削除が可能。      
Cloud Link でクラウドファイルへのリンクをメール、インスタントメッセージ、SNS で送信      
WinZip から ZipShare ファイル共有サービスに直接アクセスして、クラウドアカウントに接続し、メールや SNS で圧縮済みファイルを簡単に共有      
WinZip の組み込み PDF 変換ツールを使用して、ドキュメントを読み取り専用の PDF などの PDF に変換      
Zip ファイルに追加する際、共有しやすいサイズに画像を自動的に変換するため、高解像度の写真をより高速に送信できる上、標準的なパソコン画面にしっかり収まります*      
画像や PDF にカスタム ウォーターマークを追加することにより、不正コピーを防ぎ、追跡をより可能にし、知的財産を保護。透過度を調整し、必要に応じて日時スタンプを追加。      
だれもが使用する電子メールシステムや Web メールシステムで、ファイルを圧縮して電子メールで送信 (WinZip は Microsoft Outlook、Yahoo! Mail、Gmail、Hotmail と共に動作するように設定済み)または WinZip を設定して事前に設定された選択以外の電子メールサービスをさらにサポート      
組み込みの「Self-Extractor Personal Edition」を使用して、WinZip を所有していないユーザーに、自己抽出可能なアーカイブ (.exe ファイル) を作成して送信      
Courier でメールの添付ファイルを自動的に圧縮、暗号化。接続されたクラウドサービスで大きなサイズのファイルを送信。      
会社が提供する SharePoint サイトにファイルを圧縮、アップロード以前 WinZip から SharePoint に直接アップロードしたファイルを選択し、ダウンロード。SharePoint ウェブ インターフェイスに、圧縮と共有のドロップダウンメニューを作成      
バックアップと自動化 WinZip Standard WinZip Pro Enterprise
最後のジョブ名を指定。      
既存のジョブから新規ジョブを作成。      
クラウドサービスが追加。      
ジョブ ウィザードを使用すれば、ファイルを手動で圧縮しなくても、Windows Protected Environment(WIP)で個人ファイルをバックアップ。      
自動バックアップの完了後に WinZip はコンピューターを自動的にシャットダウンし、安全性を確保      
ジョブウィザード スーパーピッカーにより、パソコンやネットワーク、クラウドサービス内のファイルをひとつにまとめてバックアップ。まとめた Zip ファイルをクラウドに保存。      
ファイルを Explorer または WinZip ファイル領域からジョブ ウィザードにドラッグすることが可能      
デフォルトを使用、または設定の変更がない場合には、自動バックアップの作成および編集機能で手順を省略      
「バックアップ」タブで事前に定義したいずれかのバックアップを使用して、ドキュメント、電子メール、デスクトップ、お気に入り、写真、ライブラリなどを、クリックするだけでバックアップ      
ファイルやフォルダーを選択してカスタム バックアップを作成、WinZip のカスタム ジョブを定義して日常的な圧縮タスクを自動化      
デジタル カメラから直接写真をバックアップ      
CD、DVD、またはブルーレイ ディスクに直接バックアップを作成 (必要に応じて複数のディスクに自動分割)      
実質的なメールアドレスからバックアップを自動的にメール送信、WinZip の内部 FTP クライアントを使用して、バックアップをオフサイト サーバーにアップロード      
接続されたクラウドアカウント、デスクトップフォルダ、またはクラウドアカウント間でバックアップ      
最新のジョブウィザードにより、自動ジョブが完了すると、ソーシャルメディアやインスタントメッセージで通知を送信      
「WinZip のコマンドライン サポートアドオン」を使用してスクリプトを作成(無償アドオン)      
  カートに追加 カートに追加 さらに詳しく

*Microsoft Windows 10、Windows 8、Windows 7 または Vista が必要
**Microsoft Windows 10、Windows 8 または Windows 7 が必要