最新!WinZip®22 Enterprise

世界で最も強力な圧縮 & 暗号化ソフトで会社全体の情報の安全を確保

  • 最高クラスの圧縮保管、送信、受信が簡単な管理しやすいファイルを作成できます。
  • 銀行レベルの高度な暗号化 FIPS 140-2、 FIPS 197などの主要な規格に準拠。また、DFAR 要件にも対応しています。
  • 情報を安全に共有管理 SharePoint、Amazon S3、Office 365 for Business、Dropbox、Slack、クラウドサービスなどの主要なビジネスプラットフォームに使用できます。
  • エンタープライズ規模での新しいパスワードを導入 データ漏えい防止に役立つ機能です。また、IT 管理者が情報へのアクセスを管理したり、ポリシーに従ってプロトコルを標準化させるための強力なツールになります。

バージョン比較表 (PDF)

ユーザー数 2~99

カートに追加

ユーザー数 100 以上

直接お問い合わせください。納得の価格でご利用いただけるようご相談に応じます。

enterprise@winzip.com

ライセンス規約


圧縮ツールの業界標準をお試しください。

システム要件

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Internet Explorer 8 以上が必要です

強力な圧縮暗号エンジン

WinZip 22 Enterprise には、プレミアムファイル共有アプリ WinZip 22 Pro の特別バージョンが含まれています。WinZip 22 Pro は、最先端の圧縮、暗号化、バックアップ機能と、メールやクラウド、インスタント メッセージによる安全で効率的な共有機能を備えたアプリです。

  • 圧縮:大きなファイルやフォルダを圧縮して簡単に共有できます。さらに進化した圧縮エンジンにより、Zip および Zipx ファイルがさらに小さくなりました。
  • 解凍:業界最大級を誇るファイルサポートで、7Zip、BZ2、LHA/LZH、VHD、XZ などの圧縮ファイルを開くことができます。ローカルでもクラウド上でもファイルを簡単に解凍します。
  • 暗号化:新たに最新の米国連邦標準FIPS 140-2 認定の 128 および 256 ビットの AES 暗号化をサポート。暗号化されたファイルの一時ファイルは閲覧後、自動的に消去されます。
  • バックアップ:ドキュメント、電子メール、ライブラリなどの情報は自動で保存・保護されていますか。接続済みのクラウドサービスへも直接バックアップが可能です。自動バックアップを設定しておくと、設定変更がなければ再設定を省略してパソコン、ネットワーク、そしてクラウドのファイルをまとめて 1 回でバックアップできます。ファイルをエクスプローラーまたは WinZip ファイル ペインからジョブ ウィザードにドラッグしてバックアップを作成できます。

モダンインターフェイスで統合ファイル管理

WinZip 22 のモダンインターフェイスにより、ファイル管理に関するすべての作業の可視性と生産性のレベルが向上します。ファイルの圧縮や管理に最も必要な機能だけを表示したり、非表示にしたりする切り替えが簡単にできます。

  • ファイル管理機能を網羅:  WinZip で、ファイルの参照、コピー、移動、名前の変更および削除、そしてファイルのプロパティを表示することが可能です。ファイル管理リボンは、パソコン、ネットワーク、ホームグループ、そして接続しているクラウドサービスなど、どこにあるファイルでもすばやくアクセスができる様々な新機能を備えています。
  • ファイルにすばやくアクセス:新しい [管理] ボタンを使うと、使用頻度の高いファイル管理ツールにすばやくアクセスできます。また、お気に入りのフォルダをファイルペインの上部またはスーパーピッカーに固定して簡単にアクセスできます。よく使うフォルダのリストからファイルを削除するのも簡単です。
  • ネットワークの場所の追加:WinZip を開いたまま、別ドメインのネットワークの場所に簡単にアクセスすることが可能になりました。Windows のネットワークフォルダに利用可能なネットワークとしてリストされていなくても、アクセスできるネットワークのすべてを WinZip のファイルペインに追加できます。
  • 複数のアカウントにアクセス:クラウドやIM サービスにつき最大 16 アカウントまで簡単に追加でき、使用するアカウントごとにログインとログアウトを繰り返す必要はもうありません。各アカウントを区別できるように固有の名前を付けることにより、ファイルに簡単にアクセスし、WinZip 22 がサポートする多くのサービスを利用できます。
  • 個別の Zip ファイルの作成:選択したファイルを暗号化オプションを選択して個別の Zip ファイルに移動させることが可能です。電話やタブレットを使用する場合、クラウド上にある複数ファイルを含む大容量の Zip ファイルをダウンロードしなくても個別のファイルにすることで簡単にアクセスすることができます。
  • 新機能!送信ファイルの指定機能:Zip ファイルのコンテンツを確認または変更した後に [選択したファイルを送信する] をクリック、またアクション ペインにある共有機能を選択して、ファイルを個々に、または Zip ファイルに全部まとめて送信するかを選択できます。
  • シームレスな Zip 圧縮ワークフロー:ローカル、ネットワーク、クラウドのファイルを簡単に選択して 圧縮フォルダに追加し、暗号化および変換オプションを選択した後は、メール、クラウド、IM、またはソーシャルサイトで簡単に共有できます。
  • 操作性の向上:アイコン表示により、サムネイルを閲覧して簡単にファイルを検索できます。WinZip の設定は、簡単な検索や調整が実現できるよう設計されています。
  • プレビューペインの画像情報:プレビュー・ウィンドウに設置されたイメージ情報ボタンをクリックすると、高さ、幅、1 インチあたりのピクセル数、ピクセルの深度やカラー、ファイルサイズなどがダイアログボックスに表示されます。
  • スキャン機能を内蔵: WinZip の [スキャンして共有] 機能を使うと、WinZip から直接スキャンが可能です。原稿送り装置やフラットベッド スキャナに対応しているため、複数画像を 1 つの PDF ファイルにできます。そのまま圧縮してローカル、ネットワーク、またはクラウドに保存できます。そのまま圧縮してローカル、ネットワーク、またはクラウドに保存できます。また、メールや IM で共有するときには、暗号化を選択して個人情報を保護することもできます。領収書や文書、写真などを簡単に共有できます。
  • 複数のファイルをプレビュー:圧縮フォルダやパソコン、ネットワーク、またはサムネイルに対応しているクラウドサービス内で選択されたファイルのサムネイルを簡単にプレビューできます。画像や文書をプレビューして、画像の回転やサイズ変更をしたり、画像をパソコンの壁紙として保存、またメールや IM、ソーシャル メディアなどで共有したりすることができます。(Windows エクスプローラーのプレビュー機能が必要)。
  • 付随ツール:WinZip は、フォルダやごみ箱内にある不要なファイルを検出できるため、安全に削除、Zip 圧縮、またはクラウドに移動して空き容量を確保できます。

次世代コンピューティング対応

WinZip 22 Enterprise は、最新のデバイスや 2in1のコンピュータでの使用を念頭に置いて設計されています。

  • タッチ操作が簡単な設計:タッチ インターフェイスを備えるほとんどのデバイスで、プレビューアに表示されるファイルを指先ひとつでスクロールできるので作業の効率が上がります。
  • 2in1のコンピュータに最適化:WinZip では、システムの使用モード(タブレットまたはノートパソコン モード)に応じて自動的にレイアウトが切り替わります。
  • ファイル マネージャの 3 つの表示方法:マウスやキーボードを使用する場合は「高い列」表示または新しい「テーブル」表示を、タッチスクリーンには新規「アイコン」表示を選択します。
  • スクロールバーの表示オプション:デバイス上ではスクロールバーを自動的に非表示にして画面のスペースを最大に使用し、デスクトップで使用する場合は常に表示するよう選択できます。

電子メールで大容量ファイルの共有

WinZip 22 Enterprise には、メールによるファイル共有機能が強力な WinZip Courier 6.5 が付属しています。

  • 電子メールの容量制限を回避: 配信障害やバウンスバックを最小限に抑えるよう大容量添付を Zip 圧縮します。
  • クラウドサービス経由で共有:依然メール送信には容量が大きすぎるファイルも、Courier でファイルをクラウドサービスに自動的にアップロードし、そのリンクをメールに追加します
  • ファイルの保護:パスワードを追加し、強力な FIPS 140 認定 の AES 暗号化で機密ファイルの添付も簡単に保護できます。
  • 変換して圧縮:Microsoft Office ファイルを PDF に変換して、誰とでも共有できます。保護強化のために画像にウォーターマークを追加、画像のサイズを変更して簡単に共有できます。
  • Microsoft Office 2016 で使用可能:Word、Excel、PowerPoint、Outlook などの Microsoft Office 2016 アプリケーションから直接簡単に Zip 圧縮、変換、暗号化、メール送信できます。
  • Office 365 に対応:WinZip Courier がサポートするブラウザであれば、Office 365 Web メールとシームレスに連動します。
  • 添付ドキュメントを変換:Microsoft Office の添付を PDF に変換して、誰とでも共有できます。保護強化のために添付画像にウォーターマークを追加、添付のサイズを変更して簡単に共有できます。

統合されたメール クライアント

WinZip のメール機能は、Gmail および Outlook(Hotmail)用の IMAP に対応しています。また、Gmail の 2 段階認証プロセスにも対応しています。新機能の連結アドレス帳を使えば、メールアカウント、ローカルの連絡先ディレクトリ、ソーシャルメディアサービスから連絡先情報を追加して、WinZip からいつでも必要な連絡先にアクセスできます。

インスタントメッセージングサービスと連携

  • 圧縮ファイルを IM で共有:インスタントメッセージ サービス(Office 365 グループ、Twitter IM、Google トークや Google+ ハングアウト、Jabber など)との連携においてセキュリティを犠牲にすることなく、社内でのスピーディな共有が実現します。

クラウドでの共有化のセキュリティを強化

WinZip は、クラウド共有を容易にするだけでなく、ビジネス情報を安全に維持するための強力なセキュリティ機能を兼ね備えています。

  • 業界最先端のクラウド サービスに対応:ファイルを Zip 圧縮して暗号化し、WinZip から Box、OneDrive、Dropbox、Google Drive、CloudMe、SugarSync、MediaFire、ZipShare、SharePoint 、Amazon S3、Office 365 for Business などへ直接アップロードします。
  • WinZip でクラウドファイルを管理:WinZip で接続しているすべてのクラウドサービスのファイルやフォルダをダウンロード、共有、移動、名前変更、解凍、削除できます。
  • クラウドファイルへのリンク共有:Cloud Links を使用してクラウドに保存された最新のファイルへのリンクを容易に取得し、電子メール、インスタントメッセージなどで共有することができます。

効率よく共有

  • SmartShare:SmartShare機能を使って、パソコンやクラウドサービス、またはZip からファイルを選択し、共有方法を IM、メール、ソーシャルメディアから指定すると、あとは WinZip がすべて実行してくれます。
  • クリップボードから共有:クリップボードからリンクをコピー して貼り付けて、Skype などのアプリで共有できます。
  • ビューアから共有:ファイル ビューアからソーシャル メディア サイトへ、クリックひとつで画像を直接共有できます。
  • 撮影して共有:カメラから直接写真を取得し、WinZip で共有できます。
  • プレビュー パネルから共有:ワンクリックで、プレビュー パネルから選択したファイルをメールやソーシャル メディアで簡単に共有できます。
  • スキャンして共有:文書や写真、領収書などをスキャンして WinZip へ取り込み、圧縮、暗号化、変換、共有できます。

ビルトインファイル変換

WinZip はファイルを準備するツールを多く備える ため、ファイル管理ソフトウェアを追加する必要性が減り、アプリケーション間でファイルを移動する必要もなくなるため、作業効率が大幅にアップします。

  • PDF 変換:圧縮の際、Microsoft Office ドキュメントを PDF に変換して保護を強化します。
  • 透かし:独自の透かしやタイムスタンプを透過度や位置を指定して追加して写真やPDF を保護します。
  • 画像のサイズ変更:共有に便利な写真サイズに画像編集ソフトウェアを使わずに変更できます。
  • 圧縮せずに変換:PDF 変換やウォーターマークの追加、サイズ変更などを適用し、圧縮せずにパソコン、ネットワーク、またはクラウドに保存することができます
  • 変換ファイルを共有:この新しいオプションにより、変換されたファイルを保存せずにメール、IM、ソーシャルメディア、クリップボードで共有できるようになりました。この一時ファイルは共有後に自動的に消去されます。

WinZip Express で生産性向上

WinZip Express を使うと、毎日使用するアプリケーション内で WinZip 機能を使用することができます。WinZip 22 Enterprise に含まれている WinZip Express for Office、Explorer、SharePoint、Photos により、単一ダイアログ内で効率的に圧縮、暗号化、変換ができます。WinZip Express をファイル ペインまたはスーパーピッカーで開いて、すぐに Zip 圧縮し、共有できます。

強力なエンタープライズコントロール

WinZip 22 Enterprise により、社員は生産性が向上し、安全に共同作業ができ、 IT 管理者は共有機能やセキュリティの確保に必要なツールを使用できるなど、主要なビジネスの目標が実現します。

  • インストールをカスタマイズ:会社のニーズとポリシー(暗号化メソッドとパスワードポリシーの管理ロックダウンを含む)に従って、インストール時に機能を有効または無効にするよう WinZip MSI を設定できます。
  • クラウドサービスやソーシャルメディアへのアクセスをコントロール:WinZip でサポートされているクラウドやソーシャルサイトのすべて、または一部へのアクセスを有効にしたり、すべてのアクセスを無効にしたりできます。ニーズに応じて、個人やグループのアクセスを調整します
  • WinZip コマンドラインの自動化:コマンドプロンプトとバッチ(.BAT)ファイルやスクリプト言語から直接 WinZip を使用して、反復作業を自動化します。

仮想イメージ ファイルに対応

  • Windows 仮想イメージ ファイルを利用できます:WinZip 22 なら、IT 管理者は Zip ファイルを開くのと同じように仮想イメージファイルを開くことができます。これは読み取り専用ファイルで、コンテンツを表示したり必要な場所で解凍したりすることができます。WinZip 22 Enterprise は、NTFS 圧縮ファイルを含む VHD ファイルおよび VMWare ファイルに対応しています。

総合インストール設定ガイド(英語)

このIT 管理者向け完全ガイドには、WinZip MSI の設定手順が詳細に説明されており、高度にカスタマイズされた WinZip 22 のインストールに役立ちます。

  • 分かりやすい手順書:WinZip、WinZip Express、WinZip Courier、変換機能、クラウドアクセスなどの設定方法を見ることができます。
  • 実環境でのシナリオユーザーシナリオを読むことで、組織は特定ニーズを満たすための導入計画を作成できます。